スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベートーヴェンを訪ねる旅

本日、ウィーン~ボンの旅より無事帰国しました。

「第九」コーラス指導にはじまり、久しぶりに自分で歌ったり、
ボンでは、生家を訪ねたり、お母様マリアのお墓参りも果たせました。
(同じ墓地にはロベルト&クララ・シューマンも眠っています)

自筆スコアのファクシミリについては、「第九」(ベーレンライター)につづき、
交響曲第6番「田園」(ベートーヴェン・ハウス)、弦楽四重奏曲第15番イ短調作品132(ヘンレ)も入手できるなど、結果として「ベートーヴェンを訪ねる旅」となりました。
自筆のスコアからは、整えられた出版譜以上に作曲者の魂の声が聴こえてくるようで感動的。

481332_312353252187776_1892859047_n.jpg
弦楽四重奏曲第15番作品132自筆譜の冒頭

私のクラシック開眼が、小学校6年生の時に「第九」を聴いたことを思うと、
半世紀を生きて、原点に立ち返った、ということになりましょう。
いずれは、自分で「第9」全曲を指揮しなくてはならない、という想いも再確認できました。

記事にしたいこと、アップしたい写真は山ほどあるのですが、
帰宅したらしたで野暮用山積のため、ままなりません。
(写真をブログ用に縮尺する手間が、無精な私にはたいへんに面倒なのです)

月曜日以降、そのうちのいくつかでも思い出しつつ記したいと思います。

IMG_2980_convert_20120623231342.jpg IMG_3024_convert_20120623223322.jpg

左:ミュンスター広場のベートーヴェン記念碑(1845年建立)前にて
右:ベートーヴェンの母マリアの墓(旧墓地:アルター・フリートホーフ)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ベートーヴェンを訪ねる旅】

本日、ウィーン~ボンの旅より無事帰国しました。「第九」コーラス指導にはじまり、久しぶりに自分で歌ったり、ボンでは、生家を訪ねたり、お母様マリアのお墓参りも果たせました。...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>いずれは、自分で「第9」全曲を指揮しなくてはならない、という想いも再確認できました。

是非実現されることを切に希望致します。

Re: No title

有難うございます。
今から、準備だけはしておこうと思います!!
プロフィール

福島親方

Author:福島親方

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
親方カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ただいまの訪問者
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。