スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アントン・ブルックナー 聖フローリアン時代の音楽

ブルックナー愛好家には、堪らないレコードが到着!
題して「アントン・ブルックナー 聖フローリアン時代の音楽 Vol.1」
収録作品は、ミサ・ソレムニス、マニフィカト、及びふたつの宗教的独唱曲。

ユルゲン・ユルゲンス指揮
ハンブルク・モンテヴェルディ合唱団
イスラエル室内オーケストラ

DSC_0516.jpg

なんと言っても、ミサ・ソレムニスが霊感に溢れた傑作だ。ブルックナー30歳の清冽なる記念碑。聴きながらゾクゾクしどおし。
「どうせ、習作プラス・アルファだろう」と、高をくくっていた自分を激しく恥じる。番号付きの3つのミサに準ずる位置付けとしたい。
オーケストラの編成も大きくないので、予算的にも、今後、自分のコーラスでも採り上げやすい。何だか楽しみになってきた。

ユルゲン・ユルゲンス指揮のハンブルク・モンテヴェルディ合唱団の演奏も秀逸。日頃のルネサンス、バロック体験が見事に生かされた汚れのなさ。そう、ブルックナーの宗教作品には、この至純さが必要なのだ。

レーベルは、イスラエルのイェルサレム・レコード。はじめて知ったレーベルだ。1984年のデジタル録音で、プレスは英ニムバス・レコード。

ユダヤ教総本山のイスラエルで、カトリック作曲家のブルックナーのマニアックな作品が録音された、ということは、誠に興味深い。

このシリーズは、第2集まであるとのことで、急遽レコードを探すが流石に見つからず。
取り急ぎ、下記サイトにてCDを注文した次第。
それにしても、このマニアックな録音が、CDとしてリリースされているということだけでも驚異である。
ユルゲン・ユルゲンスの指揮で「レクイエム」を聴けるのは、本当に有り難い。
我が家のレコードでは、とても名曲に聴こえないので・・・。

The Bruckner Discography
http://www.abruckner.com/store/abrucknercomcds/BSVD0111/
※もちろん、第1集も購入できます。
 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

福島親方

Author:福島親方

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
親方カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ただいまの訪問者
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。