スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖地ライプツィヒよりの福音

新年早々、バッハの聖地ライプツィヒより福音が届いた。

かねてより、福島章恭と東京ジングフェラインでは、2011年の定期演奏会バッハ「ヨハネ受難曲」のライヴCDを
聖トーマス教会に提出していた。その聖堂にて「ロ短調ミサ」を演奏するための審査を受けるためである。

そして、このたび、「聖職者会議で審議した結果、満場一致で演奏を認めるものとする」
という第一報が舞い込んできた。

演奏会の時期についてはこれから調整が必要とのことで、まだ発表はできる段階にないが、
「バッハを一番よく知る人々に認められた」という事実は、胸を張らせて頂いてよいだろう。

本日のご報告場以上だが、新しい情報が入り次第、順次ご報告していきたい。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

福島親方

Author:福島親方

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
親方カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ただいまの訪問者
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。