スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボールトのブラームス交響曲全集・旧録音

今日は、「ブラームス交響曲全集」ボールトの旧録音を聴き通した。
最近CD化されたシューマン交響曲全集も評判になっているが、こちらは輪をかけて凄い。
噎せ返るような弦の響きがブラームスの哀愁を遺憾なく伝えてくれる。

以下、このレコードを手に入れたばかりの頃、古いブログに書いた記事を再掲しておこう。
なお、写真左は、アルバムではなく、小冊子の表紙である。

120115_232206.jpg  120115_232823.jpg

ブラームス交響曲全集
サー・エイドリアン・ボールト指揮 ロンドン・プロムナード・オーケストラ
米WESTMINSTER WL4001 (1954 mono)

 これはボールト卿の有名なEMIへのステレオ録音ではなく、ウエストミンスター(ニクサ)に入れた1954年のモノーラル録音である。オーケストラは、契約の都合による偽りの名称で手兵ロンドン・フィルである。
 あまりの素晴らしさに昨日のうちに、「第1」「第3」「第4」を一気に聴いてしまい、今朝は、早起きしたついでに、「第2」を聴いたところ。
 ステレオ盤も捨てがたいが、私は断然モノーラル盤に惹かれてしまった。第一に、演奏が引き締まっていること。サウンドも造型もキリリと締まっていて、その緊張感がたまらない。また、オーケストラの音色が古風なのも良いなあ。ブラームスの内向的で、しかも充実したオーケストレーションにマッチしていて、得も言われぬ芳香を醸し出す。
 ボールトにはピンとこない、という方にも、是非聴いていただきたい全集だが、ボールト・ファンの私ですら、やっと出会った盤であり、難しいだろうなあ。一日も早くCD化して貰いたいものだ。(2007.5.11記 若干改訂)

120115_232609.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

福島親方

Author:福島親方

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
親方カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ただいまの訪問者
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。