スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結果良ければすべて良し

今週の月曜日のこと。
いつもお世話になっている町田市金森のオーディオ店クライナー&​プルートンさんより、オーストラリアDUNTECK社のPCL-​15というモデルのスピーカーが我がオーディオルームにやって来​た。
先日ドック入りした神木(シュンモック)ベラヴォーチェの修理に​時間が掛かりそうとのことで、その代打である。

クライナー&プルートンさんによると、「このスピーカーに、質・量​ともに、かつてこれ程の情報量がインプットされたことはないので​、これからの音の変化が楽しみ」とのこと。

536134_286196501470118_100002393100139_630940_702052974_n.jpg

今日までの感想を簡単にまとめておこう。

1.神木ベラヴォーチェでは物足りないCDも素晴らしく聴こえる。
2.SACDもよいが、中音域がやや目立ちすぎる。高音域、低音域は鳴ってはいるのだけれど、存在感が薄い。
3.アナログ再生には、ベラヴォーチェの時ほどのメリットはない。音がざらついて聴こえてしまう。

3の対策として、
イ)スピーカー前面にサランネットを装着する。
ロ)ステレオカートリッジを、LYRA Titanから、ZYX Airy 2やフェーズテック P-1などに交換する。

などを施したところ、抜本的とは言えないまでも、まあまあの改善は認められた。

120509_000210.jpg


しかし、2については、頭を抱えてしまった。
小型スピーカーの限界、これがDUNTECK PCL-15の特長、と諦めるほかないのか?

そこで、ダメ元で、右チャンネルのみ後方の神木ベラヴォーチェに繋ぎ替えてみたところ、
これが、なかなかいけるのである。
少なくとも、左右ともにDUNTECKのままより、余程音楽が鳴っている。

まったく大きさの異なるスピーカー。
しかも、置かれた位置が写真のようにまったく適当。

常識では考えられないことだが、結果良ければすべて良し。
これで、欲求不満なしに、マーラーやブルックナーを楽しむことが出来そうである。









スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【結果良ければすべて良し】

今週の月曜日のこと。いつもお世話になっている町田市金森のオーディオ店クライナー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

福島親方

Author:福島親方

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
親方カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ただいまの訪問者
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。